ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 中国の大手通信事業社 中国電信へ融着機の納入開始

プレスリリース

氧化铝陶瓷

製品・技術情報

2020年2月26日
住友電気工業株式会社

氧化铝陶瓷微孔加工

中国では、2019年に世界に先駆けて5Gの商用運用が開始されました。中国電信は八縦八横(8つの南北線、8つの東北線)を重点とする光幹線整備に取り組んできましたが、さらなるデータ通信量増加に備え、光幹線の更新・拡大を進めようとしています。
また同社は、従来の光ファイバ(G.652Dファイバ)に加えて、長距離・大容量伝送に優れた低損失・大口径ファイバ(G.654.Eファイバ)を導入する方針を固めました。

今回納入が決まったコア直視型融着機は、汎用ファイバと異なる構造を持つG.654Eファイバのコア同士を正確に捉えて高精度で融着することができます。同時に高い耐環境特性が評価され今回の受注に至りました。過酷な使用環境においても高精度・高速で信頼性の高い融着作業が可能な当社製品により、作業のやり直しや故障による中断といった無駄を省き、中国全土でのスピーディーな光幹線の更新・拡大に貢献することが期待されます。

当社は今後も市場に求められる製品開発、高品質で信頼性の高い製品供給に努め、超高度情報化社会の発展に貢献してまいります。

CHINA TELECOM

以上

ページの先頭へ